2017年 12月 21日

八甲田は美しかった・・・

2017年も八甲田は美しかったです。

暗い屋内で動きのある人物を離れた位置から撮影という・・・必要に迫られて明るめの望遠ズームレンズXF50-140mmF2.8 (フルフレームサイズ換算70-200mm)を注文したはいいけれど、使いたい日に届かず・・・。若干大変な目に合ったのはご想像にお任せして(昔、もっと性能の悪いカメラと暗い望遠レンズで撮っていた経験でどうにかしましたが)、FUJIのレンズは描写が良いという噂は本当なのかと、八甲田にテスト撮影に行ってきました。

今回はポートレートではありませんw


※縮小したのでボヤけています。高い解像度の写真はFlickrなど他のSNSで公開しています。

e0168232_13125488.jpg
FUJIFILM X-T2 + XF50-140mmF2.8 (換算70-200mm)
e0168232_13133855.jpg
FUJIFILM X-T2 + XF50-140mmF2.8 (換算70-200mm)
※縮小したのでボヤけています。高い解像度の写真はFlickrなど他のSNSで公開しています。

直前まで十和田湖にするか八甲田にするか迷いがあったのですが、里から八甲田山を眺めた時は雲に覆われて、ひょっとしたら深い霧なのではと期待しての八甲田でした。


ところが、冬らしく雲の流れが早く、見る見る間に晴れていく・・・。

調子が良い時はこんなものです。だいたい晴れます。

時間の都合があり山頂のスノーモンスターは諦めましたが、広葉樹は樹氷(霧氷に近い)となっており美しい光景に出会うことができました。

で、レンズの描写性能ですが・・・

久しぶりに使ったF2.8の望遠レンズの大きさ(重さ)と軽装による寒さにより、いくら太陽が出ているとはい震えて大変でしたが、描写は非常に満足のいくものでした。

大きさ・重さともに、フルフレームサイズの70-200mmF2.8よりは小さくて持ちやすくて、70-200mmF4よりは大きいというAPS-C用のレンズとしてはある意味贅沢なサイズ感で、重さもしっかりとあり使いやすい印象を持ちました。若干ズームリングが重いのが速写性には影響あるかもしれません。

今季はこれで八甲田の樹氷スノーモンスターを撮りまくります!





[PR]

by quattrophoto | 2017-12-21 13:27 | 八甲田エリア


<< 無題      青森県内でポートレートを撮って... >>