2017年 07月 05日

弘前公園ポートレート

あるモデルさんから嬉しいお知らせが一通ありました。

「地元のテレビ番組の収録に行ってきた」とのことでした。

これまで、いろんな方々を撮影させて頂きましたが、とても芯のある真っ直ぐなお方です。何よりも常識のある方だと感じていました。これまで色んな方々を撮らせて頂きましたが、仕事に関わらず目標に向かうことや目的を遂行していくってのは、権力や実力も必要な場合もあるでしょう。しかし、行動や言動や対応など社会的な常識が大事なのだと何度も経験してきたのも事実です。。

季節外れのポートレート1枚です。
e0168232_20262675.jpg

撮影地は秋の弘前公園(2016年撮影)
写真はNIKON D810 + 300mm レンズのテスト撮影。

自分の責任を人のせいにしない社会人、本当の大人たちが増える未来を祈ってやまない今日この頃です! 計画通りに進めるのは簡単なことであり困難なことでもあり、うまく進まないから僻むのではなく困難にどう対処するのかが本当の大人であり人間であり仕事の出来る人ということでしょう。あれこれいうのは全て自分の責任ってこと・・・。

今後の活躍が楽しみです!
[PR]

# by quattrophoto | 2017-07-05 12:30 | 青森の人・ポートレート
2017年 06月 30日

通り過ぎた後に

FUJIFILM X-T2 撮って出し写真シリーズです。

撮影場所は青森県八戸市。今朝の写真になります。

例えばタイトルは「通り過ぎた後に」シリーズ。

e0168232_883127.jpg

海の写真を撮ろうと車を止めたら、たまたま通り過ぎた列車、JR八戸線です。

待っていれば次の列車は通るのに・・・。
e0168232_8542325.jpg

次の場所へ即移動・・・。
e0168232_8121536.jpg

僕は撮り鉄には向いていないのかも知れませんw

いや、いつか時間のあるときにじっくりと撮りたいと思います。

今日の写真はFUJIFILM X-T2 フィルムシミュレーションPROVIAで撮影。
全て撮って出しのスナップ写真でした。
[PR]

# by quattrophoto | 2017-06-30 08:07 | 八戸・三沢エリアと周辺
2017年 06月 23日

紫陽花ポートレート

6月なので紫陽花浴衣の女性ポートレートを1枚。

ポートレートもカンカン照りの晴れた日よりも、薄曇りの方がキレイに撮れます。また、紫陽花は梅雨の時季の花ということもあり例え雨でも雰囲気ある写真が撮れることと思います。
e0168232_854744.jpg


通常の和装とは異なる略装である浴衣ですが、最低限の振る舞いをした方が断然キレイに見えます。姿や所作の美しいモデルさんです。

撮影場所は弘南鉄道沿線の青森県弘前市大仏公園。
機材は Canon EOS 5D mark II

この写真の無断利用は厳禁です。
 こちらをご利用ください > 使用可能な写真素材紫陽花ポートレート集。

どなたか雨の紫陽花ポートレートに挑戦してみませんか?
[PR]

# by quattrophoto | 2017-06-23 09:02 | 青森の人・ポートレート
2017年 06月 01日

FUJIFILM X-T2撮って出しのポートレート

やはり肌色の色は最高、階調はしっとりと滑らかです!

自分の中でFUJIFILMのS5PROの代わりになるであろうカメラにようやく出会いました。あくまでも自分の感覚の話になりますが、世間一般でポートレートに好まれる美白系色白のCanonとも違うし、テレビなどで知らず知らずのうちに目にして脳にインプットされて自然に感じるSONYの色とも違います。またコントラストやトーンは柔らかめです。

e0168232_20342976.jpg

ウェディングドレスの絶妙なアイボリーカラーも難なく表現されており生地の質感も感じられます。X-Pro1とのセットだったにも関わらずXF18-55mmF2.8-F4は歪みはほぼ皆無でお手頃なキットレンズとは思えないくらい高性能です。


仕事でも使う関係でCanon、NIKON、SONYのデジカメをそれぞれ適所で使い分けていますが、今回のFUJIFILM X-T2はメインカメラにしても良いくらい気に入り、ブログを復活させようかと思ったほどです。

もちろん撮って出しの画像を載せるためです。

過去に記事にしましたが、SONYを買いに行ったのにたまたま発売日だったこともあり魔が差したように購入したX-Pro1、その後に追加購入したX-E1ではそうはなりませんでしたがX-T2はレスポンスやAF性能をふくめてこれまでとは見違えるようです。

新しく発売した中判のGFX 50sと合わせれば、オリンピックなどの競技でもない限りFUJIFILMの機材だけでも多くの撮影ジャンルに対応できるのではないかと思っています。

デジカメを始めた頃から度々記事にもしていましたが、世に溢れている撮って出し写真画像はデジカメの個性なのかもしれません。撮って出しで写真家の個性を感じるとすれば、よほど皆とは違うものを撮っていたり、適正と言われる露出を変えていたり、ホワイトバランスや構図を少しずらしたり・・・。

それについてはまた別な機会に書きたいと思いますが、ブログを復活しても良いと思っているこの頃です。


撮影場所:英国貴族の館アグリインホリデー( 弘前市 )
モデル:レイラ
撮影機材:FUJIFILM X-T2 + XF18-55mmF2.8-F4 フィルムシミュレーション ASTIA





[PR]

# by quattrophoto | 2017-06-01 20:41 | 青森の人・ポートレート
2017年 03月 10日

レイラ @八甲田 その1

八甲田樹氷撮影のはずが・・・

久しぶりにレイラ姫を撮影する機会に巡り会いました。

2015年の春頃から世界向けの作品撮りをお願いしていたモデルさんです。その後、作品を撮れずにおりましたが、写真展用に撮った写真が初めてイタリアのphotoVOGUEの審査に通った記念すべきモデルさんでもあります。

過去の記事を見たら2年ぶりです。2年!?といえば・・・。2年前にイメージしていたことがリアルになるであろうと予想または直感していたのが今年で、欲しいと思えるGFX50SというFUJIFILMの中判デジカメも発売になったし、とにかく今年は時間の許す限り写真を撮って行こうと思っていました。

そのタイミングでフェスブックのタイムラインで絡んで頂いた仲間たちに声をかけて八甲田のスノーモンスターと言われる樹氷の撮影会を開催。その八甲田樹氷撮影会はポートレート撮影会になっていたという・・・。

ところが、視界10mもないような悪天候・・・樹氷は撮れずでしたが素敵な1枚が撮れました。
e0168232_9213428.jpg

FUJIFILM X-T2 (フィルムシムレーションASTIA)で撮影。

昔からフジカラーファンの僕としては今回の条件やファッションでは迷いなくASTIAを使います。撮って出しでこの色ですから。寒さを演出するためにホワイトバランスは若干寒色系にセッティングしています。

D810も持っていったのですが、AFの合焦率はX-T2の方が上でした。何よりもこの過酷な環境で楽しんでいたというレイラさん。さすがプロモデルでした。感謝!

写真のモデル:レイラ
https://www.facebook.com/Layla0108/

e0168232_1293471.jpg


実は、ドバイに6年ほど前に撮影した八甲田の作品を飾って頂く機会にも恵まれたりと、今シーズンは八甲田撮影強化月間にしているので、また行きます!!

今回、私のわがままに付き合ってくれた友人たちに感謝します!

次は最初から八甲田&ポートレート撮影会にしたいと思います。

お楽しみに!
[PR]

# by quattrophoto | 2017-03-10 09:34 | 青森の人・ポートレート