カテゴリ:八甲田エリア( 22 )


2014年 12月 22日

Fall yellow

秋の八甲田

通りすがりに1枚。

e0168232_19264627.jpg


ハイクオリティ版はこちらから入手できます > fall yellow
[PR]

by quattrophoto | 2014-12-22 19:28 | 八甲田エリア
2014年 11月 15日

今日の八甲田は雪景色

今日の八甲田は美しい雪の華 Snow Flower まであと数週間!?でした。

毎年のこの季節になると体調が悪くなる。
その最悪の状態を回復させる方法がいくつかあるんですが、その中でもなるべく早く回復させるための荒行がありましてね・・・何の躊躇もせずに雪の八甲田コースへと行った。
そう、先に寒さとその他を体感しておくことで体を慣れさせておくんです。はい、荒行なんですw

> 王雅婷 - 雪花(雪の華)

雪の中へ身を投じて寒さに体をさらすこと数十分。といっても裸ではありません。もちろんカメラを持ってです!そのうちFacebookにでも公開してみたいと思います。この何年かの経験から生まれた、いまのところ自分にとってはベストな装備…例えるならプロペラ機からジェット戦闘機に変わった際に革製のフライトジャケットB-15からナイロン製のMA-1に変化していったような感じにも似たような感じでしょうか。

スタッドレスタイヤの慣らしも終わり、若干の緊張感を保ちながら八甲田へと走ること1時間くらいでしょうか。なごり錦色の森林は少しずつ色が薄くなりカラマツの黄色も過ぎたあたりで路面が雪へと変わり、更に色の薄い世界へ車は突入。

お〜綺麗!雪国に住みながらも今季初の雪の美しさに時間を忘れました。この時間を忘れる事も大切なんではないかと実感しています。
残念なのは、
e0168232_20423284.jpg

積雪の中をしばらく歩くと幻想的に見えたその雪景色は、ただの雪景色へと目が慣れてしまう事。

幾度となく通り過ぎたここ八甲田のとあるエリアですが、少し整備すれば台湾など、雪の無い東南アジアからの観光客が見込めるのでは!?という、ちょっとした空間を発見したかもしれません。その場所は改めて撮影に行ってみたいと思います。

今は冷えきった体ですが、里より早く体を同調させれた回復は早い。

そして明日は、数年前から恒例となっている、パワーをもらえるあるイベントへ。

で、7割は回復するはずなのですがどうなることやら。

以上、ひとり言でした。
[PR]

by quattrophoto | 2014-11-15 21:25 | 八甲田エリア
2013年 09月 28日

森の中のオアシス!蔦沼ならぬ長沼〜南八甲田の水辺フォト

ここは八甲田の蔦沼!?
酢ヶ湯温泉近くの地獄沼!?

ここは蔦温泉に癒されに行った時に散策した蔦の森に存在する

6つの沼のひとつ「長沼」。
e0168232_20382647.jpg

1147年、平安時代からともいわれる歴史ある蔦温泉を拠点に自然遊歩道が整備されている。そこを左回りで散策した4つ目の沼がこの長沼。

著名な写真家である米美知子氏が「蔦沼」を撮り第12回前田真三賞受賞したことで多くのフォトグラファー達がモチーフとし有名となったスポットでもあるようです。
その写真の中でもこちら > 31番「晩閑の響」(晩秋の蔦沼)

写真は蔦沼ではなく長沼ですが、自然とのタイミングが合えば、もっとも気軽に別世界を感じて癒される場所かもしれません・・・蔦の森。

さて、この長沼は写真に予期せぬフレアが映り込んでしまいPIXTAや500pxへの掲載はためらいます。が、お気に入りのフォトなので修正してアップロードしてみたいところですw
[PR]

by quattrophoto | 2013-09-28 21:52 | 八甲田エリア
2013年 09月 27日

Reflectionの予感、八甲田フォト

忘れかけた記憶

仕事で車を走らせていたこの日は

静かな風が吹いていた

仕事とはいえ晴れた日にここを車で通れると嬉しいものです。

だいたい通り過ぎてしまうのだけど止まった。

そう、Reflectionを予感したんです。

Reflection - (風の合間のリフレクション)

e0168232_8483928.jpg


ここは、八甲田エリアにある「地獄沼」といわれる沼です。

風がおさまり・・・Reflectionとなった。

地獄沼とは思えない光景と出会った。

そんな記憶・・・


ここ1年くらい疎かにしていた趣味写真・・・作品として500pxに掲載したけど寧ろ写真素材にぴったりかもしれないということでPIXTAに審査依頼しました。近日、公開となるかもしれません。次は蔦温泉にいったときの写真でも掲載しようと思っています。お楽しみに!

> 八甲田の美しい風景の写真素材
[PR]

by quattrophoto | 2013-09-27 09:01 | 八甲田エリア
2012年 10月 18日

映ろいゆく秋まっただ中〜紅葉する八甲田 2012

2012年10月17日八甲田フォト。

この季節の青森県内横断ルートは八甲田越えの国道102号線を使うことが多い。青森県内でもっとも標高の高い地点を通る国道であり、例えば弘前ー八戸間ならばもっとも距離が短く速く移動できるのだ。この季節はタイミングがあえば色とりどりの美しい紅葉と青々としたアオモリトドマツ(オオジラビソ)との色のコントラストを堪能できる。

なかなかちょうど良いタイミングで通ることとなった。

通りすがりの写真1枚〜酸ヶ湯の駐車場からの写真です。

e0168232_724110.jpg

正面の山は八甲田の山々の中ではもっとも標高の高い八甲田大岳、鳥居は仙人岱ルートの登山口、八甲田大岳への最短ルート。曇っていた空がほんのわずかな間だけ青空となり薄日が差した・・・山とはいえまさに映ろい行く秋まっただ中である。

FUJIFILM X-PRO 1 + XF35mmF1.4 R
フィルムシミュレーション VELVIA ( ベルビア )

見頃はこれから数日続くことでしょう。

通りすがりではなく、いつかゆっくりと写真を撮ってみたいものです・・・
[PR]

by quattrophoto | 2012-10-18 07:40 | 八甲田エリア
2012年 08月 04日

青森の森

美しい霧の写真

青森のブナ林
e0168232_9563256.jpg

QuattroPhoto&taka,PIXTA

美しく間引きされたブナの森

青森とは・・・
[PR]

by quattrophoto | 2012-08-04 10:01 | 八甲田エリア
2012年 05月 26日

春の八甲田

八甲田 2012

初春というべきか春先というべきか・・今更ですがGW頃のフォト1枚。

e0168232_22381175.jpg


青森県内、一気に魅力が・・・

それは毎年のGW頃。

里では桜が満開になる頃でもある・・・

ここに暮らすものだけが味わえる感動か・・・


EOS 5D Mark2 VS Nikon D700 or D3X

[PR]

by quattrophoto | 2012-05-26 22:39 | 八甲田エリア
2012年 04月 19日

八甲田の樹氷 - スノーモンスター

青森の写真

再びスノーモンスター

e0168232_2010339.jpg


八甲田樹氷シリーズ2012年 その4

写真は八甲田井戸岳


EOS 5D Mark2 VS Nikon D700 or D3X

[PR]

by quattrophoto | 2012-04-19 20:14 | 八甲田エリア
2012年 04月 17日

八甲田 雪の回廊 2012

通りすがりに1枚

八甲田『雪の回廊

e0168232_8312016.jpg


今年は7~9mくらいかな。

e0168232_833357.jpg


八甲田ゴールドラインを走ると登れる地点がいくつかあります。

e0168232_833498.jpg


EOS 5D Mark2 VS Nikon D700 or D3X

[PR]

by quattrophoto | 2012-04-17 08:34 | 八甲田エリア
2012年 03月 02日

厳冬の八甲田山頂でキラキラ激写w

2012年八甲田の樹氷

毎年、八甲田との相性は悪い!?気がしていた。

春も夏も秋も冬も。だいたい嵐に見舞われていた。が、今年2012年は休みと天候とタイミングが合う。

樹氷を横目に、この雪のキラキラの撮影に夢中でした。

e0168232_22483055.jpg


Powered by FUJIFILM X-PRO 1 + XF35mmF1.4 R



EOS 5D Mark2 VS X-PRO 1
[PR]

by quattrophoto | 2012-03-02 22:49 | 八甲田エリア