2017年 09月 08日

青森にて「ひまわり」ポートレート

自分の中で究極の「ひまわりポートレート」といえばこれですw

撮影場所は青森県の八戸市南郷区「山の楽校」。撮影は確か2015年の夏になります。たまたま昨年に東京カメラ部さんにシェアして頂いた記念すべき作品でもあります。

この「ひまわり畑」ですが、ここではタイトルは「無題」とさせて頂きます。ある少年は、回りくどい言い回しや対応や態度が苦手でストレートなことを好みました・・・。
e0168232_2241776.jpg

なんと言いましょうか・・・撮りたいように撮ればこうなる的な作品です。

その物語はまだ始まったばかりでゴールなんて見えておらず、写真の中に表現する物語は、例えるならば「ジョン・スタインベック」でしょうか・・・。

話はそれますが、「ポートレート」の意味は「肖像」と考えると、どちらかといえばこの写真は「風景写真」なんですよね・・・。この辺の話になると英語の方がしっくりくるのでしょうか・・・そう、何を撮りたかったか、何を表現したかったかとといえば「ストーリー」なんです。そのストーリーはLandscape(ランドスケープ)で表現したかったのです。しかしながら、言葉の意味って常に変化していて「これが正しい日本語」だとか言っている方がナンセンスにも感じることもしばしばです。「全然違う」とかで使われている「全然」っていう言葉がよい例で、本来の正しい使い方は「全然大丈夫!」という方が正しかったのだとか。他にもいろいろあるかと思います。

それが言葉ってやつだと思います。何が言いたいかといえば、言葉にすると意味や上限が定まってしまうようで怖い。もう少し創造なり進化がしやすいように自由であって良いのかなと・・・未来のために。

上限は無限・・・「蝶を追っていつのまにか山頂に登っている・・・」。

ストレートな少年とは・・・

ブログを始めてからおそらく3度目くらいでしょうか・・・
「天才とは、蝶を追っていつのまにか山頂に登っている少年である (ジョン・スタインベック )」・・・。

何事も「楽しむ人が幸せです」。

今年2017年、ひまわり畑(青森県八戸市南郷区「山の楽校」)の写真は、時間をみて公開できればと思います。

青森ひまわり畑の物語

続く・・・
[PR]

by quattrophoto | 2017-09-08 22:02 | 青森の人・ポートレート


<< 青森でポートレート      この夏、浴衣ポートレートは >>