2014年 07月 16日

哀愁の男

久しぶりに写真を撮りに出かけた。いや、仕事の合間の気晴らしドライブ。

日々、こういうイメージの写真を撮りたいと思っているのだけれど、
> BARRY WHITE EN CHILE - Just the way you're
この日は、残念ながらタイムリミットが来た。

ところが、帰り間際に哀愁漂うひとりの男とすれ違う。思わずシャッターを切るもミスショット・・・
そう、レンズを交換する時間は無かった。

e0168232_950467.jpg


Light and shade ~哀愁の男~

そのまま。

逆光で姿がみえないその人に心の中で問いかけた・・・幻影!?

撮ってから写真をみたら、未来の自分の影のようだった。

また、出会う時がくるでしょう。

そろそろFlickrを再開させる時間も欲しいこの頃です QuattroPhoto
[PR]

by quattrophoto | 2014-07-16 10:07 | 光と影


<< ひまわり畑 - 青森      光と津軽富士「岩木山」 >>