2012年 09月 07日

深浦千畳敷で虹

まだガキの頃、虹が出るだけで楽しかった。
見れるだけで楽しかった・・・。

それを何年もの間、忘れていた。けれど、

写真を始めてからまた楽しい頃の記憶が蘇っていたことに気づく。雲が動くだけで楽しいし虹が出るだけで楽しい。ついつい写真家にでもなったかのように虹の方向に走って行く・・・「ほら!あっちだ」、「間に合うかな・・」、「急ごう!」と心の中で思う・・・。虹は日常的なものとしても、不意にそうやって出会う何か(被写体)は気分が高揚して面白さが増す。

この場所でこの時間に見たのは自分だけかもしれない・・・。もったいない、みんなに見てもらいたい・・・。

で、撮った写真はこちら

e0168232_2252883.jpg


ここに急ぎ足で向かう途中、レンズの絞りリングを左手で回しながら合わせ、シャッタースピードのダイヤルを回しおおよその適正な露出を決めておきながら1枚撮り、足元に気をつけながら進んでまた1枚、目的の場所へ近づいていく・・・。まるで縄文時代の狩人が獲物を狙うかのように近いづいていく・・・そんな人間的な本能、これまで暮らしてきた何かがDNAに刻まれているかと感じながらw人によって様々でしょうが、こんな行動にも性格が表れますねw

最終目的地にたどり着く頃には虹は消えかかっていたけど、楽しかったこの日。



虹ではありませんが、ふと我に返り振り向いた先で1枚・・・
e0168232_2215842.jpg

そうここは青森県深浦町の千畳敷海岸。

感謝!


こちらは虹の縦構図バージョン&カメラネタ
  > 深浦千畳敷海岸の虹 & レスポンス向上X-Pro1ファームウエアは2012年9月18日

ではまた。

過去に写真家を薦められたことが何回があったけどなぜか断った。理由は写真家にならなくても写真家と似たようなことが出来るから・・・w 別な目的があるならば・・・ Live and let live ・・・
[PR]

by quattrophoto | 2012-09-07 22:23 | 深浦~十二湖エリア


<< リアルな岩木山      八戸の夕陽 >>